FC2ブログ

ダルビッシュ11勝目

10:05 PM ET, August 6, 2013
Angel Stadium of Anaheim, Anaheim, California

Rangers 8   Angels 3

123456789RHE
TEX2000100148120
LAA200100000391




W: Y. Darvish (11-5)
L: K. Jepsen (1-3)
S: T. Scheppers (1)


 8月6日、レンジャース対エンゼルス戦で、ダルビッシュ投手が初回、先頭打者から2打席連続でホームランを打たれましたが、失点は初回の2点と、4回の1点の計3失点に抑え、今シーズン自己最多の8安打されながらも粘りの投球で11勝目を挙げました。
 レンジャースはこの日、長打はありませんでしたが、レンジャーズにしては珍しく6盗塁と足を使ったスモールベースボールで勝利を挙げました。
 初回は盗塁、犠牲フライで1点、ワイルドピッチでさらに1点を奪いました。
 レンジャーズはここ9試合で8勝を挙げ首位アスレチクスと1ゲーム差にまで迫りました。アスレチクス64勝48敗。レンジャース64勝50敗。

 初回の2ホーマーはいずれも91マイルのフォーシームがストライクゾーン真ん中の甘いコースに入ったところを打たれました。先頭打者のカルホーンは1ボール、2ストライクから、2番打者のマイク・トラウトには初球を打たれました。いずれも全力投球ではなく、制球を重視した力を抜いたフォームでしたが、コースが甘くいずれも失投と言えます。

 この日のダルビッシュ投手は制球が悪く、7回113球を投げてストライクが66、ストライク率58%でした。2ストライクまで追い込めば三振を取れるのですが、この日はそれができず三振は6個にとどまりました。しかし、三振数は今シーズン合計192になり依然大リーグのトップです。2位はマット・ハービーの172。


Darvish's solid start earns win
ダルビッシュは安定した投球で勝利(動画)

Calhoun's leadoff homer
カルホーンの先頭打者ホーマー(動画)


Trout's back-to-back homer
トラウトの連続打者ホーマー(動画)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

屋根裏のオールドギター

Re: 投球理論に対するコメントありがとうございます
 私の投球に対する考え方を、こんなにも簡潔に整理していただいてどうもありがとうございます。私の投球理論に対する他の方の意見はたいへん新鮮に感じます。自分自身の考え方を再度整理して理解を深めるのに、あなたのコメントをたびたび読み返しています。

 私の投球理論もまだまだ不完全だと思っています。最近は、重力をどう回転エネルギー(上体が前に倒れる回転および骨盤の回転)に変え、効率的な投球を行なえるようになるかをいろいろ考えています。軸足の蹴りはボールの球速を生み出すのに最も大事な要素ですが、前側の脚の使い方も同じぐらい重要(投げ方によってはそれ以上に重要)だと思いはじめました。

 軸足から右肩までを一本の軸のようにまっすぐに伸ばし、そのままホームプレート方向に倒れるようにすると、軸足を強く蹴ることを意識しないでも軸足は地面からホームプレート方向に水平方向の力を受けます。これを利用すると、膝、股関節が完全に伸びていても、右の股関節の外旋、右の足関節、足の指の関節の伸ばしだけでも、力強い投球ができそうに思います。右膝、右股関節はあまり曲げない方が、地面からの力が右肩までロスなく伝わります。キンブレル投手の投球メカニクスはそのようになっていると最近思いつきました。

 右肩までの軸は前傾しなければいけませんが、それを素早く行なっているのが前脚を素早く前方下方に重力を利用して下ろす動作です。左の股関節の伸展を素早く行なうほど、右の股関節の外旋は楽に行なえるようになります。この動作をきっかけとして、この軸の縦回転(体全体がホームプレート方向に回転)、横回転(軸を中心とした横回転、骨盤が回転する)が楽に行なえるようになります。
 この軸は2塁側に少し傾けば骨盤の回転は、重力の影響でさらに速くなります。

 つまり、最初から右肩はスムースに弧を描きながら、加速しながら回転して行くので、投球側の腕は肩関節に引っ張られ、この肩の軌道を含む平面内を自動的に回転するようになります。
 
 上体の前傾というのは非常に大事で、重力に逆らわず、逆に重力を利用して腕が回転して行くからです。

 最近は、このように重力の利用ということを非常に考えるようになりました。

 机の上に立てた鉛筆が倒れるとき、鉛筆は机の表面の摩擦抵抗によって、横方向に力を受けます。鉛筆のすぐ側に(鉛筆と接するように)何か重い物体を置いておけば、鉛筆は横への動きを妨げられ、この物体から力を受け、鉛筆は横に飛んでゆくようになります。逆に氷の上では、横方向の力を受けないので、鉛筆自体は回転しながら、鉛筆の重心は垂直に落下するようになるでしょう。
 これがキンブレル投手の投球メカニクスの基本となっていると思っています。

 話を続ければきりがないのでこの辺で失礼します。理論がまとまれば別のブログに載せたいと思っています。しかし、頭の中に浮かんだ考えを、図とか映像とかを使って分かりやすく表現するのに手間がかかってしまい、なかなか前に進んでいきません。

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

屋根裏のオールドギター

 趣味はギターの弾き語り(下手です!)。
 好きな英語の歌の歌詞を理解したくて英語の勉強をまた始めましたが、メジャーリーグの日本人選手の活躍を、MLBのニュースで見るのが楽しみの一つになりました。英語だけでなく、スペイン語のサイトもみるようになりました。大リーグのサイトは英語とスペイン語の学習に役立ちます。

プロフィール

屋根裏のオールドギター

Author:屋根裏のオールドギター
 趣味はギターの弾き語り(下手です!)。
 好きな英語の歌の歌詞を理解したくて英語の勉強をまた始めましたが、メジャーリーグの日本人選手の活躍を、MLBのニュースで見るのが楽しみの一つになりました。英語だけでなく、スペイン語のサイトもみるようになりました。大リーグのサイトは英語とスペイン語の学習に役立ちます。

全記事表示リンク

検索フォーム

最新トラックバック